ペット保険を賢く選ぶための口コミ・比較・評判の情報サイト

おすすめペット保険口コミ・比較・評判サイト TOP

大切なペットのためのおすすめペット保険口コミ・比較・評判サイトについて

突然ですが、あなたは犬(イヌ)派ですか、それとも猫(ネコ)派ですか。

いやいや、インコにフェレット、ハムスター・・・ウサギLOVE派もおられるはずですね。
個性的なアナタなら、エキゾチックアニマル派でしょうか?

「ペットが我が家にやってくる!」
…と言うことは、それ以後の人生をペットと共に生きることでもあります。

本来ペットの定義は「愛玩動物」でしたが、今ではその枠を超え「コンパニオンアニマル」として認知されています。Companion animalを日本語に直訳すれば「伴侶動物」であり、友達・仲間・話し相手などを意味しますが、オーナーとペットの間には一方向的な愛情ではなく、お互いに対する特別な感情や絆が存在していることは間違いないでしょう。
「単なる所有物や僕(しもべ)的イメージで捉えてほしくない」
そう願う飼い主さんのデリカシーを配慮して、近年ではペットにまつわる状況もめまぐるしく変化し続けています。

家族の一員として、かけがえのない無二のパートナーとして…。
我が家にお迎えしたその瞬間から、「いつも元気でいてほしい」「出来るだけ長生きしてほしい」「これからずっと寄り添っていこうね」と誰しもがそう願い続ける筈です。

しかし、残念ながら彼らペットの寿命は、人間ほど長くはありません。
例えば犬は人間の4~5倍以上のスピードで歳を重ねていきます。
幸いなことに最近では、医療技術の発展や栄養バランスの整えられたペットフード、そして獣医師の努力により、ペットの平均寿命は年々延びていますが、同時にこの喜ばしい現実が、ペットの高齢化に繋がり、心臓疾患やガンなど重い病気にかかるペットの割合も増加しているのです。

ペットとの幸せなひと時が長く続くことが期待できる半面、ペットオーナーはこれらの重い疾患の治療と向き合わなくてはなりません。
そして多くの場合、これらの治療には長い時間と多額の費用が必要になってきます。


ペット保険比較

もはや「ペット」というより「パートナー」!

「この子を失いたくない!」
「残された時間を出来るだけ延ばしてあげたい、まだ一緒にいたい」
「もっといい治療があるなら受けさせたい、諦めたくない!」 
「せめて痛みを感じないようにペインコントロールってできないの?」

いずれは来る「別れ」だと覚悟はしていても、回復を望む気持ちには勝てないでしょう。
でも、そのささやかな願いを阻むものが「ペットの高額医療費問題」だったとしたら、やり切れません。

ご承知のとおり、ペットには人間のような健康保険はありません。
診療費は全額、飼い主の自己負担です。
「共に暮らし共に生きる ペットのリビングコスト」でご紹介していますが、ペットと暮すためには、年間25,000~52,000円の費用が必要であると言われています。
ましてや大きなケガを負ったり、重篤な病気を患った場合には、この何倍もの費用が必要になる可能性があるのです。

You're my better half. 
これは「我が善き片割れ」とか「愛する伴侶」を表す英語の表現です。
この言葉には、その他に「我が善き片翼よ」という実に抒情的な英訳があるのをご存知ですか。

翼は両翼あってこそ、大空に羽ばたけるのです。
単なるペットの枠を超え、我が善き片翼となった愛しき存在のために出来ること・・・
そして飼主さん自身が後悔しないために、やれること・・・
その一つが、ペット保険への加入ではないでしょうか。


かけがえのないペットのために納得の保険を見つけよう

「我が善き片翼」とはずいぶん大袈裟な・・・
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし愛するペットを失うということは、想像以上に辛く悲しい経験です。

共に過ごした時間で培ってきた愛情や信頼は、その行き場を失い、喪失感と後悔は果てしがなく、ちっとやそっとでは埋められません。
そのストレスが心身に深刻な影響を及ぼすのですが、それがまさに「ペットロス症候群」と呼ばれる状態なのです。うつ病や情緒不安定、また不眠など、日常生活もままならない状態になることが珍しくないといいます。

「あの時、別の選択をしていたら・・・」 
「費用を考えなかったら違う治療法もあったのに・・・」
ペットを失った後に押し寄せる後悔の種は実にさまざまですが、こと“治療に関する後悔”で想い悩み、苦しみ続けるオーナーさんが多いように思います。

科学や医学が脅威的に発展した現代でも、ペット医療に関しては人間レベルの高度医療は望むべくもありません。
その反面、ちょっとした治療であっても高額の医療費が必要となります。
人間同様に痴呆や白内障、ガンなどの病気にかかるペットも増え、長期の治療・入院にかかる費用は膨大なものとなります。それらが家計を圧迫することだって充分あり得るのです。

獣医師の選択はもちろんのこと、たとえペット保険に加入していても、それで全てがクリアされるわけではありません。まさに悩みは尽きないのです。
「飼主にできることには限りがある」だからこそ!
見えない未来ばかり心配していても、前には進めません。
ペット保険を賢く選んで、将来に対する不安を少しでも軽減しましょう。
そして、ペットと過ごす幸せな日々を大切にしたいものです。

このサイトでは、特に身近なペットである「イヌ&ネコ」を中心にして、ペット保険の加入についてご案内します。


ペット保険ランキング